忍田 賀世 / Kayo Oshida 

1984年 東京生まれ

2003年 私立女子美術大学付属高校 卒業

2012年 オー・ラン地方立高等美術学校卒業(フランス、ミュールーズ)

​2021年 本格的にアート制作活動始動

小さい頃から母や祖母と編み物や手芸をしていたことが始まり。

その中で刺繍は自分の中を深く表現できるツールである。

毎日の積み重ねによる記憶、感情を一針ずつ重ねることで自分の世界を作り上げている。

また、昔から世界中で刺繍が祈りや願いを込めてされてきたようにわたしの作品に触れることで

見る人の心が動き、新たなものが生まれることを願っている。

Biography of Kayo Oshida

1984 –  Born in Tokyo, Japan

1986 – Began drawing (age 2)

1988 –  Began Embroidery and knitting with her grandmother  (age 4)

2003 – Graduated from Joshibi High School of Art and Design, Tokyo, Japan

2012 – Graduated from DNAP,La Haute Ecole des Arts du Rhin, anciennement Le Quai,               est l'école supérieure d’art de Mulhouse, Mulhouse, France.

2021  – Started artistic career as a Modern  Embroidery Artist.

 

Statement

 

-Theme of my art-

The relationship between Me and Embroidery started in my early childhood, when my grandmother taught me knitting and embroidery.

Since then, it has been always the best way to express my thoughts, feelings and passion. Expressing feelings and adding my memories to the Art works, as if reconstructing the universe with my needleworks.

Embroidery has been pray and wish in many parts of the world for centuries.

I'm hoping my works bring everyone who saw, a moment of joy and inspiration.